キレイな名前を書くためのトレーニング

「ていねい・ゆっくり」は基本

名前を構成する線を、まずていねいに書くことが基本です。
ペン先を書き始めの点に、自然にゆっくりとおろして書き始めるのですが、 あまりにもゆっくり過ぎるとキレイな線は引くことができませんね。

ゆっくりでも、リズムを付けながら迷わず引けるように練習しましょう。

ひらがなは丸みを持っている部分が多いので
なめらかな線をひく練習も大切です。

線の最後の部分はおろそかにしがち。
最後まで力を抜かずに、きゅっと止める練習をしましょう。

文章を書く練習

字でなくとも構いません。(^v^)
図形は思うままに、ペンをていねいに動かして下さいね。

終わりよければ全てよしではありませんが
終わりがしまっていなければだらしない印象になってしまいますよ。

「横線は右上がり」が格好いい

ほとんどの名前に横線は登場しますね。
短いもの長いものありますが、基本は一つ。

横線の書き方

ちょっとだけ右肩上がり。

注意したいのは、2本以上並ぶ場合は
きれいに平行になるように整えてあげること。
線の終わりはしっかりと止める
間隔は同じということも忘れないで下さいね。

「縦線はまっすぐ」がキレイ

横線と同じく、ほとんどの名前に使われている縦線。

キレイに見せるコツは、
なかなか出来てるようで出来ない、簡単なようで簡単でないこと。

縦線の書き方

まっすぐに書く。

線をまっすぐ引けると、文字の中心はキレイに揃いますよね。
線の終わりは文字によって異なります。
はらい、はね、とめる。
それぞれ練習しておきましょう。

「はね」「はらい」はしっかり

意識していなければ忘れてしまいがちなパーツ。
普段コレをきちっと書いていますか?

はねるところはしっかりはねる、はらうところはしっかりはらう。
ポイントは、筆圧を上手に伝えること。
線の始まりにペンを落としたら、リズムよく一息で書きます。

リズムは「いち・にーい・さん」。
ペンの始まりが「いち」、「にーい」で線を引ききって、
最後にしっかりとはらって(はねて)「さん」。

いち、にーいで終わってしまってはダメですよ。(^^)

はね、はらいの書き方の見本

はねたとき、はらったときの力は、
次にペンを落とす場所を常に意識してスッと引いてくださいね。

「点」をおろそかにしない

点には真っ直ぐ引くものや、ななめに点を落とすもの、
とめるもの、はらうものと色々ありますが、
この点も、きちんと描いてこそキレイな文字になります。

点をうつのではなくて、点を書くということを心がけましょう。

点の書き方

難しいのですが、ポイントとなるのは角度です。
「ツ」や「烈」や「然」など、点がたくさん並ぶ場合は特に
それぞれの角度と、それぞれの位置と、
間隔をきちんと揃えるように書くと美しく見えます。

「間隔」は几帳面に等しく

1本の線がたとえキレイに書けても、
たった一本では「一」という漢字以外にはなりませんよね。
何本もの線を、当たり前に組み合わせて漢字を書きます。

そのときに注意したい鉄則は「平行と等間隔」。

間隔の開け方の見本

縦線でも横線でも、几帳面なぐらいに揃えましょう。
間隔がきちんと揃うことで、とても美しく見えますよね。

「大人っぽさ」で魅力的にて

真っ直ぐにキリッとした線を引いたり、
はねやはらい、点ををしっかりと書くことで、
文字がとても大人っぽくなりますよね。

この大人っぽさもキレイに見せる大切な要素です。
丸文字をいくらキレイに書いても、
やはり可愛らしい、子供っぽい甘えた印象が出てしまいます。

文字の見本

ちょっと面長に、角はキチンとおれて、
スラリとした文字が並ぶととてもきれいに見えますよ。

「カタチ」は筆の流れを意識して

文字のそれそれのパーツを組み合わせて、
一つの字を書いたときに大切なのは、
全体のバランスがよく取れている、カタチの良さです。

漢字としてのカタチをキレイに魅せるためには
筆順を常に意識して、次はどこにペンを向けるのかと
その文字の流れを常に頭に入れて書きましょう。

カタチの整え方

そうすることで、自然な角度、自然な流れが生まれて、
矛盾のない文字が書けるようになります。

また、口と言う形は台形気味に、氷などの中心の線は長めに
「のぎへん」や「しめすへん」などの、
文字の左側をつくる「へん」は
重心を右寄りに持ってくるとバランスが良くなります。

「名前」はスタイルよく整えて

名前を作る文字がいくらキレイに書けても、
並べたときに違和感があっては台無しですよね。

名前をキレイに書くポイントを確認しましょう。

・ゆっくりていねいに書く
・文字の中心はとにかく揃える
・文字の配置によって強弱をつける
・キレイに見える間隔を上手にあける

名前をキレイに書くポイント

全体のスタイルが良く見えるように意識して書きましょう。

「性格」で自分らしさをアピール

キレイな文字は、それだけで好印象なのですが
文字の書き方によって、特に好ましい性格を印象付けることができます。

やわらかく丸みのある線でやさしさを演出したり、
反らせて力強く書くと、頼もしい印象が出ます。
無理に膨らませたり、反らせると全体のバランスを
崩してしまいかねないので
あくまでほんの少し、そのつもりで書くときれいに書けます。

名前の見本

自分の名前だけでなく、宛名などで人の名前書くときは
その相手の方を思って、特にていねいに意識してくださいね。

苗字はやわらかく、名前は力強くというのは
アンバランスなので止めておきましょうね。

 
Copyright © 2006 ボールペンや筆ペンで綺麗な字を書こう講座. All rights reserved